どうぶつkokusei調査
疾患との関連性(7)_猫の飼育経験

今回は、猫についての検証結果です。猫も犬と同じように、疾患と飼育経験に関連性はあるのでしょうか。

どうぶつkokusei調査の猫の飼育経験に関する回答(初めて、2頭目、3頭目以上)をもとに、猫の飼育経験と疾患との関連性を調査しました。

クイーン カジノ5ch

ダイナム データ

循環器
循環器

クイーン カジノ ポイント

消化器
消化器

このように、体格によって疾患の請求割合に違いが表れ、体格と疾患の関連性が認められました。

ただし、この違いは、疾患にかかってから体格に変化が生じたと見ることもできます。やせている子・やせてきた子は、他に病気のサインがないかどうか、意識してみてください。病気の早期発見に繋がるかもしれません。もちろん疾患にかかってしまい、やせている子は、しっかり治療に専念してください。

犬も猫も、体型の評価方法は同じです。毎日体をなでながら、あばら骨の触り具合や肉付きをチェックすることを習慣にしてみてください。

※体型の評価についての参考資料:みんなのどうぶつ親子手帳
https://www.anicom-page.com/all_education_details?type=23&id=73

クイーン カジノ

循環器疾患
循環器疾患
消化器疾患
消化器疾患

アニコム損保のどうぶつkokusei調査(実施期間:2016/2/15~2016/2/23)において、体格に関する回答のあった猫(870頭)について、2015/8/15~2016/8/14の間に保険金請求のあった疾患から分析