うさぎも歳を重ねると、体が思うように動かせなくなっていきます。うさぎが老いる前に病気で介護が必要になることもあるでしょう。どんなものが必要なのか、介護がスタートする前に知って、状況にあわせて適切なものが選べるように準備しておきましょう。

クイーン カジノ

うさぎが加齢や病気で動けなくなると、介護が始まります。うさぎは6〜7歳でシニア期に入るといわれていますが、加齢で介護が必要なほど体が不自由になるかどうかは個体差があります。ただシニア期に入ると病気にかかりやすくなることもあり、急に介護が必要になることも。一番大切なことは日々の健康管理ですが、うさぎの飼育に慣れてきた分、余裕があるうちに介護のことも知って備えておきましょう。若いうさぎでもケガや病気から介護になることもあるので、年齢に関わらず準備をしておくといいでしょう。

クイーン カジノ5ch

実際に介護が始まってから使用するものがほとんどですが、うさぎは警戒心が強く、高齢になると新しいものは受け入れにくくなっていきます。あらかじめ用意できるものは元気なうちに準備して飼育スペースの近くに置いておき、うさぎに見せて、うさぎ自身のにおいをつけておくと安心してくれるでしょう。
飼い主は介護用品を知ってどんなものを用意するか考えることで、うさぎが高齢になったときの暮らしが想像しやすくなります。するとうさぎの加齢による変化にも気づきやすくなり、早い段階で対処できるようになるでしょう。購入は後にするにしても、どんなものが必要かは早めに把握しておきましょう。

クイーン カジノ5号機

白と黒のうさぎ

用意したいうさぎの介護用品を紹介します。うさぎ専用の商品も増えてきましたが、まだ限られています。日用品や犬猫向けのペット用品もうまく活用していきましょう。

給水器

体が不自由になると給水ボトルが使い辛くなります。飲みにくそうにしている様子が見られたら、お皿での給水に切り替えを。飲み口がお皿になっている給水器に替えてもいいでしょう。いずれにしても水は汚れやすいので、切り替えたらこまめに水換えと洗浄をしてください。

リッチリールカジノ

高齢のうさぎはグルーミング頻度が低下することで、目から溢れた涙が目のまわりに残ったり、目やにがつきやすくなったりします。ぬるま湯にひたしたリッチリールカジノで優しくぬぐいとってください。こまめに拭いているにもかかわらず、涙や目やにの量が気になる場合は目や口の病気が原因かもしれないので、病院で診てもらいましょう。

七 つの 大罪 スロット

体が不自由になると、それまでうさぎ自身でできていたケアができなくなり、特にお尻周りで毛の絡みや汚れが目立ち始めます。体の汚れを落とすためのウエットシート、ブラシ、絡んだ毛をカットするための専用ハサミなどを用意してグルーミングを手伝います。

クイーン カジノ

お尻の汚れがひどくなってお湯で洗う場合、洗うためのグッズも必要になります。部分浴をするならシャンプーや浅くお湯が張れる洗面器など。ピンポイントにお湯をかけて洗うならお湯を入れるドレッシングボトルなど、必要なやり方に応じて準備します。

クッション

床ずれ予防や姿勢の保持に役立ちます。U字型で体をしっかり支えてくれるものや、お布団代わりになるものなどを、状況に応じて用意します。タオルやブランケットをたたんで代用することもできます。

バスマット

排泄のコントロールができなくなると、排泄物で体が汚れてしまいます。マイクロファイバーのモールがついたバスマットを敷くと、おしっこがすばやく吸収されて体が汚れにくくなります。ソアホックや床ずれ対策にもなります。高齢になると関節の痛みが出る子も多いので、痛みの緩和にも役立ちます。こまめな交換が必要で、洗った後は乾きにくいので洗い替えを何枚か用意してください。

毛布

寝たきりの子は体温調節が難しくなります。室温を調整することが一番ですが、気温が低い時期は小さな毛布をかけてあげるといいでしょう。

布物はかじって誤食しないか確認しながら使用してください。
うさぎは個体差が大きいので、ほかのうさぎが難なく使用できているものでも、どうしても嫌がる子がいます。これまで通り、うさぎの性格に合わせて対応していきましょう。

上記のほか、自力で食事を摂れなくなると、シリンジと専用フードで強制給餌が始まります。強制給餌に関しては、動物病院などで相談し、やり方をよく聞いて必要なものを準備してください。

七 つの 大罪 スロット

排泄のコントロールが難しくなってケージのいたるところで排泄するようになったら、トイレはケージから外します。足腰が弱ってきたら広いケージも不要に。寝たきりになったら、浅めのバスケットなどケージ以外の場所でお世話をすることもできます。引き続きケージを使う場合でも、ケージの天井部は必要ないので外してお世話をしやすくしてもいいでしょう。

まとめ

うさぎの介護用品について解説しました。介護というと大変なイメージがありますが、使うもの次第でうさぎと飼い主双方の負担を軽くすることができます。できる準備はしておきつつ、介護が始まったら状況にあわせて便利なもの、快適になるものを選んで取り入れていきましょう。うさぎの介護が始まるということは、うさぎとの残された時間も限られてきたということになります。限られた日々を大切に、感謝を伝えながら穏やかに過ごせるように準備しておきましょう。

ライター

佐藤華奈子

佐藤華奈子

大学の動物系学科を卒業後、教育情報誌、ライフスタイル誌の編集プロダクション勤務を経て、2009年よりフリーランスの動物ライターに。「動物を飼うことは動物と暮らすこと」をテーマに活動中。おもにペット、動物園、牧場の動物関連の雑誌、書籍などで執筆。2011年よりうさぎ(ネザーランドドワーフ)と暮らしているうさぎ愛好家。